堤防からのタチウオ釣り > 釣具とレビュー
近畿の海

堤防釣りのアイテム

防波堤からは、季節折々の様々な魚を釣ることが出来ます。 対象魚に合わせて、釣具は進化し続けており、ロッドやリールはますます軽く使いやすくなり、 釣り用小物も様々な商品が店頭に並べられています。

このページでは、主に私がタチウオ釣りに使用しているロッドやリール、釣具の使用感を記載しています。 また、堤防釣り時に便利なアイテムや、昔、熱中していた投げ釣りのアイテムも随時追加しています。

カーボンロッドとグラスロッド

私が釣りを始めた頃は、カーボン(炭素繊維強化プラスチック)が使われた釣竿というのは見当たらず、 釣竿と言えば、グラスファイバー製(ガラス繊維強化プラスチック)でした。

グラスロッドはカーボンロッドに比べて重く、竿を持つと自重だけで曲がるため、 魚の小さなアタリが取りづらいのが難点でした。 当時、私はオリムピック製の磯竿で釣りをしていたのですが、磯の大物竿となると非常に太く、 重いので取り扱いが大変でした。

反発力に優れたカーボンが登場後、竿のカーボン含有率は徐々に増え続け、 現在ではカーボン100%に近い素材で作られた竿も登場しています。 カーボンに取って代わったグラスファイバーですが、今では、逆に竿の柔軟性がアタリを弾きにくいと注目されており、 ルアーロッドのティップ部分などで活用されています。

リールとPEライン

昔のリールは、今のリールほどイトをスプールに緻密に巻くことが出来きませんでした。 細く強いPEラインは、特に遠投を必要とする投げ釣りの分野で注目されましたが、 リールがPE対応になっておらず、投げミスるとよくバックラッシュが発生していました。

このPEラインのバックラッシュを防ぐため、 ダイワがスプールの傾きを逆にした逆スプールタイプの投げ専用リールを開発しました。 私も実際に購入して使っていましたが、確かにライントラブルは減るものの、 飛距離が落ちるため徐々に人気がなくなり、製造中止になってしまいました。

現在は、AR-Cスプールやクロスラップをはじめとした機構がリールに採用されており、 実釣時のライントラブルは激減しました。 また、マグシールドをはじめとした防水機構も取り入れられ、昔と比べると本当に使いやすくなったと感じます。

インターラインと外ガイド

1990年頃、ダイワがインターラインロッドを発売開始し、大々的に広告を打ち出します。 竿の内部に糸を通すため、竿全体が均等に曲がり、魚の引きを均等に受け止められるだけでなく、 飛距離も稼げるという広告でした。

実際、現在はなくなってしましたが、インターラインが採用された投げ竿も登場し、 私も「インターラインSURF HZ」を購入し、今でも使用しています。 一時は一世を風靡したインターラインですが、実際に使ってみると、外ガイドの竿と比べて飛距離が落ち、 また、メンテナンスを怠ると糸の出が悪くなり、思ったポイントにも届きませんでした。 そのため、現在はインターラインの投げ竿はなくなり、磯竿や船竿などの一部のモデルだけになりました。

そもそも、竿の内部に糸を通すという考え方は、ダイワが初めてではありませんでした。 日本でも竹竿の中に糸を通す仕組みを考えた人はいましたし、ヨーロッパの風の強い地方では人気がありました。 今では、ダイワをはじめ、シマノや他社もインターラインモデルを製造しています。 用途によっては、便利な竿だと思いますので、今後もある一定の人気は保っていくでしょう。

釣具は日本メーカー製が人気

日本メーカーの釣具は、海外でも人気があります。 アメリカには日本ほど釣具店はありませんが、量販店に行けば、シマノやダイワの釣具が並べられています。 アメリカ滞在中は忙しく、釣りに出かける暇がありませんでしたので、 日本製の釣具を見るのが唯一の釣りとの接点でした。