堤防からのタチウオ釣り > 釣具とレビュー > シマノ コルトスナイパー
シマノ コルトスナイパー

シマノ コルトスナイパー S1000M

シマノ製のショアジギングロッドと言えば、コルトスナイパーです。 ちなみに「コルト(colt)」を英和辞典で調べると、スラングで「未熟者」という意味が載っていますが、 自動小銃の「Colt」から名前を取ったのでしょうね。さすがに「未熟者用のロッド」とは考えたくありません。

コルトスナイパーの定価は3万5千円前後ですが、釣り具店では大幅な値下げがされることも多く、 2万円前半で手に入れることが出来る竿です。 下位モデルのコルトスナイパーBBと合わせて、ショアジギング好きな釣り人に人気のロッドです。

コルトスナイパー ロッドの硬さ

昔から「シマノのロッドは、他社製に比べて硬い」ということがよく言われますが、 コルトスナイパーも、ダイワのジグキャスターに比べると若干硬く感じます。 私が使用しているロッドパワーは「M」ですが、ダイワなら「M」と「MH」の間の硬さだと感じます。

反発力はありますが、ロッドが硬いので、軽いジグは投げづらいです。 また、ショアからのジギングでタチウオを釣った場合、ロッドが硬いので、 小さなタチウオだと水上スキーのように水面を滑らせてしまい、引きを楽しめません。

40g程度のメタルジグを使用すれば、ルアーアクションもやりやすく、 ワンピッチやジャカジャカ巻きも問題ありませんが、ライトショアジギングには少々硬いと思います。 そのため、重めのジグで大型青物を狙う場合だけ使用する竿になってしまいました。

ロッドの重さ

コルトスナイパー S1000Mの重さは、264gです。 ダイワのジグキャスターMX 96Mの重さが、205gですので、 竿が若干長いとはいえ、コルトスナイパーは2割ほど重いです。 実際手にとって比べてみても、ジグキャスターに比べてブランクスは太く、重く感じます。

ショアからのジギングで、魚をヒットさせようと思えば、何はともあれ、 ルアーを投げ続けることが重要なポイントになります。 その点、コルトスナイパーは重いため、脇にロッドを挟んで効率的にジギングするとしても、 釣り人の負担が大きいと感じます。 あと30g程は軽くしてもらいたいと思います。

ところで、サゴシやハマチクラスをショアから狙う場合は、ジギングロッドは少々大げさで、 シーバスロッドのMやMHクラスで十分対処できます。 実際、シーバスロッドは軽量のため身体への負担が少なくで、沖堤防にジギングに出かけるときは、 シーバスロッドを愛用するようになりました。

スパイラルXとハイパワーX

カーボン繊維の折り込みには、スパイラルXとハイパワーX構造が用いられているため、 振りぬき時のブレは少なく、ジグは狙ったポイントに気持ちよく飛んで行きます。

ロッドの張りもあるので、40g以上のメタルジグを投げると、100m前後の飛距離が出ます(ラインにも寄りますが)。 重めのジグをかっ飛ばす楽しみという点では、気持ちの良く楽しいロッドです。

ちなみに、コルトスナイパー S1000Mを投げ釣りにも使用しています。 ジギングロッドとしては重いコルトスナイパーですが、投げ竿と比べると軽く、操作感も良好です。 あまり長い多針仕掛けは使えませんが、堤防からのシロギスの引き釣りなどにも流用しています。