堤防からのタチウオ釣り > 釣具とレビュー > 太刀魚 引き釣り用ロッド
引き釣り用ロッド

太刀魚 引き釣り用ロッド

対象魚によって細分化が進む釣具の世界ですが、タチウオの引き釣り用の竿というのは、 今のところ見たことがありません。 そのため、ほとんどの人は投げ竿やルアーロッド、エギングロッド等を使って、 タチウオ釣りを楽しんでいます。

ところで、関東に住んでいたときは、タチウオ釣りと言えば船釣り、という印象でしたが、 関西では堤防からの狙う方が人気のようです。 釣り方の中でも、テンヤを使った引き釣りが人気で、大阪湾沿岸の釣具店では、 東京ではあまり見かけなかったドジョウがタチウオ用の餌として売っています。 関西では引き釣りが人気なのだな、と実感した次第です。

引き釣りに求められるロッドの性質

タチウオの引き釣りで釣果を上げるポイントは、まずはタチウオがいる棚(食い気のあるタチウオがいる棚)を素早く見つけ、 その棚をキープすることです。 棚を探るには、着水からのカウントを取るのは勿論ですが、 テンヤを引いている時に感じる水圧が、釣り人にとって重要な情報になります。 こうした水圧を的確に感じるため、引き釣り用ロッドには、ある程度の感度が必要になります。

また、感度の良さは、タチウオのショートバイトを感じられることにも繋がります。 タチウオの活性が高いハイシーズンは少ないですが、水温が下がると活性が下がり、 小さなアタリを的確に取っていくことが必要になります。 そうしたときに感度よさが武器になります。

感度の他には、竿の調子が重要だと考えています。 特に大きなタチウオが掛かると、重さと共に、堤防際でかなり暴れます。 調子が先すぎる竿だと、タチウオをいなすことが出来ず、ばらしやすく感じます。 いわゆるレギュラーテーパーの調子で、竿全体がしなる竿の方が、 タチウオの動きを受け止められるので、釣り易いはずです。

ロッドの長さ

引き釣り用のロッドの長さは、9フィート前後が扱いやすいと思います。 できるだけ短い方が、テンヤの操作がやりやすく、ロッドが軽くなるので負担も減りますが、 あまり短すぎると、掛けてからのやり取りが難しくなります。

私は10フィートの竿でタチウオの引き釣りを楽しんでいましたが、 最近は9フィートの竿を追加したところ、取り回しが良いのでこの竿ばかりを使用しています。 3mを基準に、釣り場の状況に合った竿を選択するのがお勧めです。

なお、ガイドのフレームは、環境配慮型のステンレス製Pタイプフレームが使用されています。 上位機種には、チタンやAGSが用いられて、より軽量化されていますが、 個人的には丈夫なステンレスフレームが好みです。 ただチタンやAGSに比べて錆がでやすいので、釣行後は温水で洗うように心がけています。

タチウオの引き釣り用ロッド

細かい点を比べると、上位機種と比べて若干重いなどのマイナスポイントはありますが、 この価格帯ではベストと呼べるシーバスロッドだと思います。

タチウオの引き釣りにも使い易いので、引き釣り用のロッドを探されている方にもお勧めだと思います。 ロッドの長さは、私は10フィートを流用していますが、タチウオの引き釣りには少々長すぎると思います。 釣り場の状況にも寄りますが、9フィート前後がベストではないでしょうか。

ダイワ ラテオ
ダイワ ロッド ラテオ 100ML・Q

ダイワ ラテオは、アマゾンのレビューをはじめ、ネット上でも高い評価を得ています。 実際に使用している釣り人もいるので、使い心地を聞きますが、悪い評価を聞いたことがありません。 (ネット上では「すぐに折れる」というレビューも見受けられますが、私は感じたことがありません)

タチウオの引き釣り用なら、10フィートは少々長いので、9フィート前後が使い易いと思います。 タチウオは暗くなってから釣ることが多いので、気がつかない間に、竿を堤防にぶつけたりすることがあります。 そういう点を考えると、高価な竿よりもラテオクラスの竿の方が、気にせずに使えて釣りに集中できると思います。

Amazon