ダイワ ラテオ

ダイワ ラテオ 100ML・Q

シーバスロッドのダイワ ラテオ(LATEO)は、コストパフォーマンスの高いルアー竿として人気があります。 定価は2万5千円前後ですが、釣具店のセールで大幅値下げされて販売されることも多く、 手に入れやすいシーバスロッドです。

私はラテオの100MLをタチウオの引き釣りに愛用しています。 穂先の感度も良好で、タチウオの小さなアタリも的確にキャッチしてくれます。 竿もしっかりと曲がってくれるので、ドラゴン級のタチウオの引きもしっかり受け止めてくれ、 魚とのやり取りを楽しめる竿だと思います。

HVFカーボンとX45で気持ちのいい振り抜き

ラテオには、ダイワお得意の高密度HVFカーボンが用いられています。 HVFカーボンが使われたロッドは、他の竿に比べて反発力が高く、ルアーが気持ちよく飛んでいきます。 また、X45で捻れにも強くなっているので、キャスト時のブレも少なく感じます。

タチウオ釣りには十分な性能ですが、モアザンをはじめとした上位機種と比べると、 キャスト時の捻れが若干気になります。 また、ロッドの弾性感も少し劣り、軽めのルアーを狭いポイントに的確に狙いたい場合は、 上位機種の方がお勧めかもしれません。

ラテオの糸絡み防止ガイド

ラテオのガイドには、KL-Hガイドが採用されており、ティップ部はKTガイドが付けられています。 どちらもキャスト時の糸絡みを軽減させる糸絡み自動解除フレームですが、 ティップ部は若干絡みやすいと感じています。

なお、ガイドのフレームは、環境配慮型のステンレス製Pタイプフレームが使用されています。 上位機種には、チタンやAGSが用いられて、より軽量化されていますが、 個人的には丈夫なステンレスフレームが好みです。 ただチタンやAGSに比べて錆がでやすいので、釣行後は温水で洗うように心がけています。

タチウオの引き釣り用ロッド

細かい点を比べると、上位機種と比べて若干重いなどのマイナスポイントはありますが、 この価格帯ではベストと呼べるシーバスロッドだと思います。

タチウオの引き釣りにも使い易いので、引き釣り用のロッドを探されている方にもお勧めだと思います。 ロッドの長さは、私は10フィートを流用していますが、タチウオの引き釣りには少々長すぎると思います。 釣り場の状況にも寄りますが、9フィート前後がベストではないでしょうか。

ダイワ ラテオ
ダイワ ロッド ラテオ 100ML・Q

ダイワ ラテオは、アマゾンのレビューをはじめ、ネット上でも高い評価を得ています。 実際に使用している釣り人もいるので、使い心地を聞きますが、悪い評価を聞いたことがありません。 (ネット上では「すぐに折れる」というレビューも見受けられますが、私は感じたことがありません)

タチウオの引き釣り用なら、10フィートは少々長いので、9フィート前後が使い易いと思います。 タチウオは暗くなってから釣ることが多いので、気がつかない間に、竿を堤防にぶつけたりすることがあります。 そういう点を考えると、高価な竿よりもラテオクラスの竿の方が、気にせずに使えて釣りに集中できると思います。

Amazon