堤防からのタチウオ釣り > タチウオの生態と考察
タチウオ

タチウオの生態と考察

釣り人に人気のタチウオですが、生態や行動パターンはまだわかっていないことも多く、 神出鬼没の魚と言われており、「幽霊魚」とも呼ばれることがあります。

タチウオは光に集まる性質が知られており、それを利用するために釣り人はケミ蛍をつけて、 タチウオを誘います。このページでは、 管理人が読んだ書籍や水族館レポートなどから得られたタチウオの生態や行動についてまとめています。

タチウオ釣りの時期

堤防からのタチウオの釣りシーズンは、夏から初冬です。 水温が低い冬季は、深場にいるタチウオですが、春になって水温が上がると共に浅場に向い始めます。

初夏になると淡路島からタチウオは釣れはじめ、盛夏頃には神戸の防波堤付近で釣れるようになります。 その後、釣れる範囲は広がり、兵庫県の釣り場の中では、南芦屋浜が一番最後にタチウオのシーズンを迎えます。

最盛期を迎えた後、水温が落ちる12月頃からタチウオは再び深場へと向います。 大阪湾沿岸の釣り場では、12月ごろから釣果が悪くなり、年末になると釣れる場所が限られてきます。 ただ水温によっては、年始でも釣れることがあり、水温が比較的高かった2016シーズンは、 2017年1月下旬までタチウオ釣りを楽しむことが出来ました。