堤防からのタチウオ釣り > 近畿圏の釣り場
近畿の海

近畿圏の海釣り場

近畿圏の海釣り場を大きく分けると、 大阪、神戸播磨、紀伊、淡路島、若狭湾方面の5つに分かれると思います。 関西の人口は、大阪府、兵庫県を中心に広がる阪神工業地帯に集中しているので、 自然と、大阪と兵庫の釣り場が人気となっています。

大阪の釣り場

大阪湾に面した釣り場で、淀川河口から阪南市までの海辺が釣り場となります。 立入が規制された場所が多い上、人口が多いので釣り場が混雑しがちですが、 汐見埠頭なぎさ公園のように、護岸が整備された釣り場もあります。 場所を選べば、手軽にファミリーフィッシングを楽しむ場所を見つけることが出来ます。

神戸播磨地方

淀川から西は、兵庫県です。 この兵庫県の海沿いが神戸播磨地方の釣り場です。 大阪府の釣り場と比べると、立ち入り禁止されたコンビナートが少なく、 護岸整備された場所が多いので、釣りやすく感じます。 海釣り公園も多いエリアです。

明石大橋より西まで脚を伸ばせば、神戸付近の海と比べて水質が良くなり、 釣り人も少なくなるので、混雑を避けて、のんびりと竿を出すことができます。 なお、明石市を越えて加古川、姫路方面まで来ると人工島が多くなり、神戸の海岸線と同じような印象です。

紀伊半島

紀伊半島は海岸線に磯が多く複雑なので、磯釣りをする方に人気がある釣り場です。 管理人は磯釣りは止めてしまいましたので、最近、磯には訪れたことはほとんどありませんが、 すさみの防波堤をはじめとして、紀伊半島の漁港にも足場のよい釣り場があります。

淡路島の釣り場

淡路島の海岸線には、多くの護岸が漁港があり、良好な釣り場が広がっています。 明石海峡大橋の高い通行料金を払う必要がありますが、 変化に飛んだ海岸線と、良好な潮の流れのお陰で、 神戸播磨や大阪湾では狙えないような魚種も狙うことができます。

若狭湾方面の釣り場

舞鶴市を中心とした若狭湾の釣り場は、大阪湾界隈と比べて人が少なく、 のんびりと竿を出すことができます。 砂浜が多いので、投げ釣りを楽しむ方に昔から人気があります。 なお、海水浴シーズンになると、観光客が大勢訪れますので、その時期は釣りづらくなります。