堤防からのタチウオ釣り > その他の堤防釣り
その他の釣り

その他の堤防釣り

防波堤からは、様々な魚が狙えます。 夏から秋に掛けては、管理人はタチウオを狙っていますが、その他の時期は他の釣りを楽しんでいます。

よく釣りに出かける武庫川一文字では、梅雨の時期はタコ釣りが人気です。 防波堤ケーソンの隙間にタコジグを入れて、誘うと美味しいタコが釣れるので人気があります。 このページではタチウオ釣り以外の情報をまとめています。

サビキ釣りでアジ、マイワシ狙い

ファミリーフィッシングの定番と言えば、サビキ釣りでしょう。 夏から秋に掛けては、アジやマイワシが回遊してくるので、大きな群れに当たれば、 誰でも簡単に数釣りを楽しめます。

家族連れが楽しむイメージがあるためか、サビキ釣りと言えば、海釣り初心者というイメージがあります。 しかし、効率よくアジを釣ろうと思えば、事前の情報収集や経験とテクニックが必要な釣りです。 ベテランと初心者では、釣果に大きな差が出ることもあります。

ガシラ釣り

カサゴのことを関西では「ガシラ」と呼んでいますが、ガシラ釣りはベテランにも人気があります。 特に、対象魚が減ってくる水温の低い時期になると、他の魚種が釣れないこともあり、 穴釣りで狙う人が多くなります。

管理人は、初夏の頃、よくガシラ釣りに出かけます。 暗くなってからの方がアタリが出やすいですが、昼間でも活きエビを餌にすることで、 釣りを楽しむことが出来ます。 ただ、大型を狙うなら暗くなってからの方が有利です。

投げ釣りでシロギス釣り

ゴールデンウィークが過ぎて、水温が上がりだすと、シロギスが接岸してきます。 シーズン始めは150m以上の超遠投が必要ですが、砂浜から仕掛けを投げるのは気持ちよく、 毎年の楽しみになっています。

盛夏になると、サイズの小さなピンギスが多くなりますが、9月下旬から10月頃になると、 型の良いサイズが釣れるようになります(釣り場所にもよります)。 落ちギスと呼ばれる晩秋の時期は、波打ち際でも数釣りを楽しむことができるので、 遠投できない初心者の方にもお勧めです。

シーバスフィッシング

大型河川の河口で何も考えずにルアーを投げて、シーバスを釣っていた昔と比べると、 現在はシーバスの習性が研究され、様々な釣法と共にルアーが開発されています。

今も昔もシーバスを釣りやすい時期と言えば春と秋ですが、 春は「バチ抜け」と呼ばれるようになり、イソメ系に似たルアーが用いられることが多くなりました。 また、シーバスロッドも改良され、バチ抜用のティップがやわらかいロッドなど、 選択を迷うほど登場しています。

久しぶりにシーバスを狙ってみると、昔(20年以上前ですが)に比べて、魚の警戒心が強くなったように感じます。 アタリは出ますが、なかなかフッキングしないのです。 シーバスフィッシングを楽しむ方が、昔に比べて一気に増えたので、魚がスレて釣りづらくなっているのでしょう。 ただ、その難しさがまた釣り人を熱くさせるのかもしれませんが。