サビキでアジ釣り

効率的なアジの釣り方

サビキ仕掛けを海に入れた途端にアジが鈴なりに釣れることがありますが、 こんな日は希で、アミエビを撒きながら、アジが回遊してくるのを待つのが普通でしょう。 そして、一度釣れだしたら、アジを散らさないように、効率よく釣るのが釣果を伸ばすポイントです。

アミエビは冷凍がベスト?

サビキのコマセカゴに入れるのはアミエビですが、 釣具店に出かけると、冷凍のアミエビブロックの他にも、既に解凍されたアミエビや、 中国産の原料が使われた安価なコマセエビが販売されています。

アジの魚影が濃く、活性が高いときはどのアミエビでも食いにほとんど変わりませんが、 魚の活性が低い冬場は、冷凍アミエビブロックのほうが食いがよく感じています。 特に国産アミエビが用いられた冷凍アミエビが最高で、管理人は株式会社浜一のアミエビを愛用しています。

釣り方の問題もあるかもしれませんが、 このアミエビのお陰で、週末の混んだ釣り場で、他の人が全くアタリがない中、 自分だけアジが釣れるということがあります。 既に解凍されて販売されているアミエビと比べ、冷凍アミエビの方が新鮮そうに感じるので、 これが釣果の違いに表れるのかもしれません。

アジのタナをすばやく見つけろ

サビキ釣りに限らず、釣りで重要なのは、魚が泳いでいる棚を見つけ出すことです。 サビキ釣りの対象魚はアジですが、アジは通常は海の底のほうを泳いでいます。 従って、コマセカゴにアミエビを詰め、仕掛けを海に投入したらすばやく底まで仕掛けを沈めることが重要です。

釣り場の水深にも寄りますが、 下カゴタイプのサビキ仕掛けの場合は、底に仕掛けが届いたときには、エサが既になくなっていることがあります。 こうなっては、アジの集魚効果は薄れますので、蓋が付いたかごを使用することをお勧めします。 管理人の場合は、第一精工のワンタッチフタカゴを使用しています。 ただアミエビをカゴに詰めすぎると、コマセが出にくくなるので注意です。

吸い込みバケツは便利?

アミエビを入れるのに、第一精工の吸い込みバケツを使用されている方も多いと思います。 コマセカゴを中央に落とせば、自動的にカゴにアミエビが入るので、 手も汚れず便利です。 また、すぐに仕掛けを海に入れることができるので、手返しがよくなり、 時合いを逃さずに釣ることが出来ます。

管理人も以前は吸い込みバケツを使用していましたが、 ワンタッチフタカゴを使うようになってからは、通常のバケツにアミエビを入れて釣る様になりました。 吸い込みバケツは確かに便利ですが、海水で薄めたアミエビを使うので、 アジが海面まで浮いている夏場は適していますが、底近辺を回遊している冬場は、 コマセが薄すくなりすぎると感じています。

確かに便利ですので、サビキ釣りをするなら持っていて損はないアイテムですが、 使い分けが必要なアイテムだと感じています。