堤防からのタチウオ釣り > その他の堤防釣り > サビキ用の釣竿とリール
サビキ釣り用の釣竿

サビキ釣りに向いた釣竿とリール

どんな釣竿やリールでも楽しめるのがサビキ釣りの美点ですが、 サビキ釣りをきっかけにして、末永く海釣りを楽しもうと思うなら、 釣具店で激安で販売されているセットではなく、 ある程度の釣竿やリールを買っておいたほうが、最終的に長く使用できてお得だと思います。

竿は磯竿3号ぐらいがお勧め

サビキ釣りをはじめとした堤防釣りでは、 錘負荷8号前後の磯竿3号が、万能で使いやすいです。 磯竿の長さには、5.4mと4.5mがありますが、 堤防釣りなら4.5mの方がちょうどよい長さでお勧めです。 また、5.4mと比べて軽量なのもメリットです。

磯竿には、リールの糸が通るガイドの直径が大きい遠投モデルと、通常モデルが用意されています。 竿下でのサビキ釣りに慣れてくると、浮きをつけた飛ばしサビキをしたくなりますので、 遠投モデルを買っておいた方がよいでしょう。

メーカーのWebサイトを見ると、10万円を超える高級モデルをはじめ、 様々な磯竿が販売されていますが、堤防釣りにそれほど高価な竿は必要ありません。 1万円弱の入門者向けモデルで十分です。 シマノならホリデー磯、ダイワならリバティクラブ 磯風クラスがお勧めです。 ちなみに管理人は、シマノのランドメイト450PTSを愛用しています。 ホリデー磯よりも安いですが、性能は変わらないのでお勧めです。

子供や女性なら投げ竿でも

身長が低い子供や女性だと、4.5mの磯竿は長く感じられてしまうかもしれません。 その場合は、長さ3m前後のチョイ投げ竿やルアーロッドが使いやすいと思います。

管理人は、シマノホリデーショートスピンの長さ3m、錘負荷10号のモデルを使用していますが、 防波堤からのチョイ投げにも便利で、重宝しています。 磯竿と比べて、糸が通るガイドの数が少ないので、糸がらみも発生しにくく、 初心者の方にはこちらの方が扱いやすいかもしれません。

投げ竿の他にも、手頃な価格のルアーロッドやボート竿も堤防からの海釣りに使うことができます。 ルアーロッドなら長さ9フィートで、硬さはミィデアム、 ボートロッドなら長さ2.7mの錘負荷10号前後が目安となります。

リールは2000番前後

まずリールは、海水対応のモデルを選びましょう。 釣具店で激安特価で売られている安価なの製品の中には、 海水を浴びると簡単に錆びてしまうモデルがありますので、注意が必要です。

リールは、巻ける糸の量によって、大きさや重さが異なります。 一般的にリールの大きさは番手で表しますが、 ナイロン2号から3号の道糸が100m前後巻ける、2000番前後のリールが汎用性が高くてお勧めです。

リールは高価なモデルほど、巻き心地がスムーズで、各部の造りもしっかりしていますが、 サビキ釣りにそれほど高いモデルは必要ありません。 実売価格で4000円ぐらいのモデルを購入しておけば、他の釣りにも流用できて便利でしょう。

管理人は、シマノアリビオ2000を愛用しています。 高級モデルと比べると、若干重いですが、気軽に使えるので重宝しています。 なお、ルアー釣りにも流用する場合は、もう少し高価なモデルの方が使いやすいと思います。