堤防からのタチウオ釣り > タチウオの釣り方
タチウオ

タチウオは堤防釣りの人気者

夏の暑さが和らぐ季節になると、堤防はタチウオ狙いの釣り人で賑わいます。 特に10月はタチウオ釣りには絶好のシーズンで、実績のあるタチウオの釣り場は、 釣り人で一杯になることもしばしばです。

タチウオは、深い海で生息している魚ですが、 秋になるとイワシやサヨリを追って、沿岸部の浅いところまで回遊してきます。 堤防から狙うならこの時が最適で、また、夜行性の魚のため、昼よりも夜の方が狙いやすい魚です。

初心者でも釣れるタチウオ

タチウオ釣りの人気の一つは、時期を間違わなければ、釣りの初心者でも釣れる手軽さだと思います。 長さ1メートルにもなる大物が、手軽に釣れるのですから、病み付きになるのは無理もありません。 釣りをはじめたばかりの方が、タチウオの引き(重み?)に魅了されてしまうのです。

その他にも、 昔からの電気ウキ釣りだけでなく、引き釣り、ルアー釣りといったように、 タチウオは多彩な釣り方で楽しめるのも人気の理由だと思います。 タチウオシーズンに釣具店に行けば、タチウオの様々な仕掛けやグッズが販売されており、 最初のうちはどれを選んでよいか戸惑うほどです。

奥が深いタチウオ釣り

初心者にも釣れるタチウオですが、釣れば釣るほど、奥深さがある魚です。 タチウオ釣りで重要なのは、その日にタチウオが泳いでいるタナを見つけることが重要ですが、 一日の間でも遊泳層がコロコロ変わり、なかなか一筋縄ではいかない魚です。

また、シーズン終わりの水温が落ちてくる時期になると、アタリはあってもエサを食わないことが多くなり、 針掛かりが悪くなります。 そうした時に、どうやってタチウオを掛けていくかを考えながらの駆け引きが難しく、 また楽しいタチウオ釣りです。

様々な釣り方

グレと言えば、浮きフカセ釣りとだいたい決まっていますが、タチウオの釣り方は人それぞれです。 タチウオほど、様々な釣り方で釣られている魚種は少ないかもしれません。

管理人は引き釣りが得意ですが、浮き釣りに拘るベテランや、ワインド釣法で数を延ばす若者もいます。 それぞれの楽しみ方で釣れるのがタチウオの魅力です。 左のメニューからタチウオの釣り方の説明ページをご覧いただけますので、参考になれば幸いです。