タチウオ釣果

タチウオが一番釣れる釣法はどれか

タチウオ釣りを長く続けていると、頭に浮かぶのが「どの釣法が最も釣れるか」という疑問です。 管理人は、タチウオ釣りが好きなので、今まで話題を集めた釣法にすぐ飛びついてきました。 確かに良く釣れるようになった釣法もありましたが、結局、もう一つ釣果が伸びず、 諦めてしまったものもあります。

メタルジグは結構釣れる

ルアーでタチウオを釣りをはじめたばかりの頃は、「こんなもので本当に釣れるのか?」と思っていましたが、 メタルジグは、タチウオ釣りにも、かなり有効な釣り方だと感じています。 メタルジグを使って2時間ほどで、上の写真のようにタチウオでクーラーが一杯になってしまったこともあります。

メタルジグの場合、日没が過ぎて辺りが真っ暗になる前の、夕方前にアタリが多く出る印象があります。 ワインド釣法と同じような時間帯だと思いますが、 ワインドよりも海の深いところを素早く探れるので、日中でも釣果が続くことがあります。

ルアーのカラーは明るいときは、ブルピンをメインにして、 暗くなってからはゼブラグローを使っています。 ルアーのアクションは、ワンピッチジャークが基本ですが、 少し変化をつけてバイトを誘発するようにすると、アタリが増えて釣果に結びついていると思います。

ドジョウの引き釣りがベストか?

武庫川一文字の釣果情報を見ると、竿頭の方はドジョウの引き釣りでタチウオを数多く釣られています。 ウキ釣りと比べて手返しが早く、短い時合いに一気にタチウオの数を増やせるので、やはり釣果が伸びるようです。

実際にタチウオテンヤにドジョウ巻いて引き釣りをやってみると、 タナさえ間違わなければ、コンスタントに釣果が得られました。 昔から定番のドジョウの引き釣りは、やはりタチウオ釣りの最強釣法かもしれません。

個人的には、生きたドジョウを刺して巻き付けるのが苦手ですが、 タチウオの釣果を伸ばしたい方は、一度は試してみてはいかがでしょう。

キビナゴは新鮮なものを

シマノからキビナゴゲッターなるテンヤが発売されて以来、 キビナゴを使った引き釣りをする方が増えたように思います。 実際、このテンヤはとても便利で、今まで身切れしてテンヤに取り付けにくかった、 キビナゴをワンタッチで取り付けられるようになりました。

キビナゴゲッターを使う場合、釣果の要はエサの鮮度だと感じています。 タチウオ釣りの情報を検索してみると、塩で締めて冷凍したキビナゴを使う方法を勧めている方もいらっしゃいますが、 個人的にはその方法はお勧めできません。

タチウオの活性が高い最盛期シーズンなら、冷凍したキビナゴでもタチウオは食いつきますが、 シーズン終盤の12月ごろになると、小さなアタリはあっても、冷凍キビナゴでは針がかりしないことが多くなります。 冷凍キビナゴを使っていた頃、管理人は、この微妙なアタリの合わせに悩みましたが、 なかなか針がかりせず、みすみす釣果を減らしてしまっていました。

新鮮なキビナゴを冷凍せずにそのまま使用するようになってからは、 タチウオの活性が低めのときでも、アタリが明確に出て、針がかりするようになった次第です。 もし、冷凍のキビナゴを使用していて、同じような悩みをもたれているなら、 一度新鮮なキビナゴを使ってみることをお勧めします。