メタルジグで釣れたタチウオ

メタルジグでタチウオ釣り

タチウオは典型的なフィッシュイーターですので、ルアーでも釣り易い魚です。 タチウオ釣りに使われるルアーには、様々な種類がありますが、 遠投ができて、深いところから浅いタナまで探れるのが、メタルジグです。 タチウオ釣りでも実績のあるルアーで、私の中でも最も使用頻度が高いのがメタルジグです。

ルアー釣りのタックル

ロッドはメタルジグの重さに合ったロッドが適しています。 長さは9フィート前後が使いやすいですが、私の場合は重めのメタルジグを使って遠く探りたいので、 10フィートのジギングロッドを愛用しています。

リールは3000〜4000番のスピニングリールで、道糸にはPE1.5号を巻いています。 ショックリーダーには、タチウオの歯対策として、ナイロンの15号を使っています。 以前は、サルカンを使ってワイヤーハリスを繋いでいましたが、 ルアーの動きを妨げるような気がして、ナイロンラインに変更しました。

ジグのカラーとアクション

一般的にタチウオ用のメタルジグのカラーは、 グロー系が多いですが、まだ明るい時間帯は、ブルピンやイワシカラーの方が食いが良いように思います。 重さは28g〜40gで、センターバランスのメタルジグが使いやすく、 タチウオへのアピール度も高いように感じています。

暗くなってからは、グロー系の方がアタリが出やすくなると感じています。 ゼブラカラーもお勧めで、ブルーとグローのゼブラが定番です。

ルアーのアクションは、基本的に青物と同じですが、タチウオの場合は、ジグをあまり速い速度で動かすと、 食いが悪くなるので、食わせのタイミングを作りながらアクションしています。 活性が低いときは、ジャカジャカ巻きとワンピッチジャークを取り入れながら、 バイトを増やしてタチウオを誘っています。

タチウオ釣りでは、泳ぐレンジの選択が重要なポイントですが、 メタルジグの場合は、底から上層まですばやく探れるので、遊泳層を探りやすいと思います。 一匹釣れたら、その遊泳層を狙って釣果を伸ばしていきましょう。 活性が高ければ、2時間ほどで二桁ということも希ではありません。

釣り方 メタルジグによるジギング
釣竿 ジギングロッド 9feet前後
リール 3000〜4000番スピニングリール
ルアー 28〜40g、暗いときはグローカラーが有効
備考 アクションはゆっくり目でバイトを増やす