タチウオのウキ釣り

タチウオの浮き釣り

タチウオの浮き釣りは、昔からメジャーな釣り方で、 タチウオ釣りと言えば、「電気浮き釣りが一番」と断言する釣り師もいるくらいです。 まだ夏の暑さが感じられる頃、夜の海面でボンヤリと光る電気浮きを見ながら、釣りを楽しむのは風情が感じられます。

浮き釣りのタックルと仕掛け

タチウオの浮き釣りに使用する釣竿は、タチウオの専用タイプもありますが、 磯竿なら3号で、遠投タイプのガイドが使われた製品が使いやすいと思います。 リールは3000〜4000番のスピニングリールで、道糸はナイロン3〜4号程度を巻いておけば良いでしょう。

肝心の電気浮きは、一般的に錘負荷1号前後の浮きが使われることが多いようですが、 私が太刀魚の浮き釣りをするときは、3号前後のものを使用しています。 釣り場や潮流にもよりますが、ある程度重い仕掛けの方が、仕掛けが安定してアタリが出やすく感じます。

市販されている太刀魚仕掛けのハリスには、ワイヤーが必ず用いられていますが、 フロロカーボンの方がアタリは多くなりますので、選択が難しいところです。

私の場合は、太刀魚の活性が高い8月〜10月頃にかけては、フロロカーボン8号のハリスを用い、 針は懐の深いタチウオ専用針を使っています。

水温が下がり、タチウオの活性が落ちてくると、餌の食い込みが悪くなるので、 ハリを飲み込ませて釣るようにしています。 ハリを飲み込むとどうしてもハリスを切られてしまうので、この頃からワイヤーを使うようにしています。 ワイヤーには、ダイワの「太刀メタル パープル」を使用しています。

浮き釣りの餌と合わせ

エサは主にサンマの切り身やキビナゴを使っていますが、現地でイワシが調達できれば、 新鮮なイワシに勝る餌はないと感じています。 アジ活かしバケツにサビキで釣ったイワシ入れて、生きたイワシを針につけてタチウオを狙う釣り師もいます。

エサを持参していないときは、ルアーで釣れた太刀魚の尻尾を切って、それをちょん掛けして釣っています。 活性が高いときは、タチウオはどんな餌でも食ってきます。

浮き釣りで難しいのは、合わせを入れるタイミングです。 浮きが沈んでから1分ほど待ってから合わせをいれれば、針がかりが悪くてバレる可能性は低いと言われていますが、 ケースバイケースだと思います。

活性が高いときは、浮きが沈んだタイミングで、聞き合わせを入れて掛けていきます。 一方、活性が低い時期は、浮きが沈んでから一度水上に浮き、それから再び沈むタイミングで合わせるようにしています。

タチウオの食い込みが悪いときは、軽く誘いを入れると、食いつくことがありますので、 仕掛けを放置せずに、たまに誘いを入れるのが良さそうです。

釣り方 浮き釣り
釣竿 磯竿3号遠投タイプ 4.5m
リール 3000〜4000番スピニングリール
エサ キビナゴ、イワシ、サンマ、タチウオの尻尾
備考 ハリスはナイロンもしくはフロロカーボンがお勧め