ワインド釣法ルアー

ワインド釣法でタチウオ釣り

ルアーを使用したタチウオ釣りと言えば、ワインド釣法とも言われるほど人気の釣り方です。 ジグヘッドにワームをつけて、独特のアクションで釣る釣り方で、マナティーのワインドルアーセットが有名です。

ワインド釣法の売り文句としては、瞬間的なダートでタチウオの捕食スイッチが入り、 爆釣に繋がるということですが、私が下手なためだと思いますが、メタルジグと比べて特に釣れると思ったことはありません。 ただ実績のある釣り方なので、タチウオの有名釣り場に行けば、何人かの方はワインドでタチウオを狙っています。

ワインド釣法では、ロッドの選択が重要です。 シーバスロッドやジギングロッドでも可能ですが、手が疲れてしまうので、 長さ8フィート前後のワインド専用ロッドを使った方が無難です。 リールは2000〜3000番のリールで、アクションしやすいバランスのモデルを選びます。

ワインドに使うワームは、パールが定番ですので、このカラーは必ず持っていくようにしましょう。 ジグヘッドは、いろいろなメーカーから販売されていますが、安価なセール品で十分だと思います。 重さは1/2オンスを基本に、数種類そろえておけばベストです。

ワインド釣法の要は、アクションです。 糸ふけを作ったところにシャクリを入れて、ルアーを瞬間的にダートさせます。 ダートさせたら、すぐに竿を下ろして糸ふけを作り、すぐにシャクリ・・・の繰り返しです。 重要なのは、やはりタナを合わせる事です。 タナがあっていないと、なかなか釣れませんので、釣れないときはタナを変えてみることです。

釣り方 ワインド釣法
釣竿 ワインド専用ロッドがお勧め、8feet前後
リール 2500〜3000番スピニングリール
ルアー パール系が実績大。ジグヘッドは1/2オンスが使いやすい
備考 すばやいダートで活性を上げられる